自由な働き方

スマスタ薬剤師の仕組み

派遣薬剤師・フリーランス薬剤師のメリットデメリットを理解し、自分にあった働き方改革を。

派遣薬剤師の場合

派遣薬剤師として働くときは、薬剤師派遣会社と雇用契約を結び派遣会社から紹介される薬局へと派遣されることになります。
薬剤師派遣会社と雇用契約を結ぶため、給与は薬剤師派遣会社から支払われ、各種社会保険の加入や福利厚生、有給休暇を取得することができます。

しかし、派遣会社の手数料は高額なため、コロナ禍の昨今派遣求人は激減しています。また、求人はあったとしても時給は3,000円を下回るものがほとんどです。

派遣薬剤師として働くメリット

派遣会社が薬局と条件交渉をしてくれる。
有給休暇の取得・充実した福利厚生
社会保険の加入

派遣薬剤師のデメリット

派遣会社の手数料の分だけ時給が下がる
コロナ禍で求人が激減している

フリーランス薬剤師の場合

フリーランスで働くということは、勤務先となる薬局と業務委託契約を結んで働くこととなります。
当サイトはあくまで求人の紹介のみで、斡旋等の仲介を行っていません。薬局との交渉はすべてご自身で行う必要があります。

フリーランスのメリット

スマスタ薬剤師が提供する薬剤師のフリーランス求人は最低時給が3,000円以上の求人ばかりです。
その理由は業界でも1契約あたり5,000円という格安の仲介手数料を設定しているため、働く薬剤師の方に最大限還元できるからです。

フリーランスのデメリット

派遣薬剤師のように有給休暇や福利厚生、社会保険に加入することはできません。
当サイトでは求人の斡旋・サポート等は行っておりません。

フリーランスで働く場合の薬剤師賠償責任保険や業務委託契約の結び方などについては専用ページで詳しく解説しています。

フリーランス求人での働き方